窓の多い家は住みづらいと痛感したので

個人的に「窓の多い家は住みづらいかなぁー」と思います。今のマイホームを建てる以前、結婚当初に住宅街のなかにある一軒家に住んでいたのですが、窓が多い家でしたのでなんとなく「暮らしづらさ」がありました。

一応、敷地は柵に囲まれてはいたのですが、外から全く見えないというわけではありませんからね。日中はレースのカーテンは閉めているとはいえ、夫婦二人とも帰宅が遅かったので、日が暮れてからもレースのカーテンだけの状態というのは、なんとなく嫌だなーと思っていました。

それに帰宅後には、各所のカーテンを閉めてまわるのが何気に面倒臭いポイントでしたし。もちろん、カーテンを開けて回るのも疲れることではあるのですが。それに外から見られているような感覚になるのも、窓の多い家に住んで落ち着けないポイントでしたね。

それに、「窓ってこんなにいる?」ってものすごく思いましたからね。ですから、自分たちで建てたマイホームでは、窓の数と大きさには気を配りました。もちろん窓の位置もです。家の中では気楽に過ごしたいので、窓の大きな家ですと視線が気になってしまいますからね。