耐震制度は穴だらけ?

耐震性能は3がいいですよね。
そう思って私は、耐震性能3の家に建て替えをしようと思っていたのです。

ですが実は、耐震性能の計算は雑でもいいらしいんですよ。
ようは、合計が規定値に達せば良いそうなのです。

つまりです。

配置は一切考えずに、規定値さえ達せばどうなるか。
家は耐震性能3でも、倒壊する可能性がありますよ。
例えばあなたが鎧を着るとして、上半身だけ鎧で身を守っても、下半身は守られていないですから、そこを攻撃されたらイチコロですよね?

今の構造計算ってそういうことなんですよ。

耐力壁とか雲筋交いとかそれぞれ決められた数値があって、それらを全部足して規定値に達したって、それが機能する配置になっていなければなんの意味もないですよね。

せっかく大金払って、30年以上のローンをくんで、人生をかけて買った家が、まさか耐震性能3なのに倒れるなんて!

そうならないためにも、気を付けましょう。
お店に人に、「構造のことも考えてますか?」って聞いてみたらいかがでしょうか。

まぁ私も良く知らないんですけどね。