舅がマイホーム建設現場を見張ってくれる

一戸建て住宅を建てる際には、なぜなのかお舅さんがやたらと関わってきたのを覚えています。「関わってきた」なんていうと悪意があるように思われてしまいますね。お金はとくに出してはくれませんでしたが、けれども老後で暇なのかマイホームについてやたらと関わろうとしてくれたのが、今となってはいい面もあるのです。

それは「建設現場の見張りをしてくれるところ」です。わが家のマイホームを建てている現場に毎日のように行っては見学していたそうですから、ある意味では手抜き工事を防止する効果もあるのかなぁと思うようにしていました。

変なところで建てるわけではなく、評判のいい工務店でマイホームを建ててもらいましたから、欠陥住宅になることはないだろうと思いつつも、心配なところもあるわけです。それでまあ良い風に解釈すれば、お舅さんが現場を見張っていてくれるので、手抜き工事を防止できるーともいえなくもないわけです。マイホームにケチがつきたくはないので、できるだけ温和に衝突なく対応していこうと、このような解釈をしていました。