家を建てるにはコンセプトが大事。イメージを膨らませて。

注文住宅で家を建てて、私は本当に良かったと考えています。

その理由は2つあって、1つ目は、自分たちの思い描いたコンセプトにできたからです。

2つ目は、夫婦それぞれのこだわっていることを分けて考えれたからです。

逆に後悔したことは、家を建てた後に子供をまた生んだので、子供部屋をもっと広く設計しておけばよかったかなという点です。

やはり新築を建てる際はどうしたいかをハッキリ考え、家族でしっかり話し合うことが大事です。

例えばですが、リビングを明るくするためには窓をどうしたら光が取り込めるかや、玄関を広くするためには、どうすることができるかなど考えました。

子供部屋については、少し広くするという案もあったのですが、あまり気にせずそのまま建てました。

結局子供は3人まで増えたので、やはり大きめに作っておけばよかったと後悔しています。

家を建てる際は家族でよく話し合い、どんな家にしたいか、どんなふうに生活していきたいか、考えることが大事です。